Pocket

マカサプリはいつまで続ければいいの?

妊活でマカサプリを使い始めた、という人も多いのではないでしょうか。
マカには妊活に嬉しい成分がたくさん入っていますから、きっとプラスに働いてくれるでしょう。ですが、いつまで続けていいのか考えたことはありますか。

子供を作ると決めた妊娠前から

マカには妊娠しやすい体作りに役立つ効果もあり、妊娠してから飲むのではなく、妊娠前から飲んでおくことをお勧めします。
妊娠何か月前から、と言いたいところではありますが、この日に妊娠するのだと予測することが出来ませんので、なかなか具体的な数字を出すのは難しいです。
また妊活だけではなく健康維持にも良いので、妊活をしようと思った段階からはじめてしまってもいいでしょう。

また女性だけではなくて、男性の妊活にも役立ちますから、夫婦でそろって飲んでみてはどうでしょうか

いつまで飲めば効果が見込めるの?

妊活である事を考えた場合、男性は妊娠するまで飲んでいたら問題ないでしょう。ですが、健康などを考えて、飲み続けるという選択肢もありです。
女性も妊娠するまでと考えても良いですが、妊娠後は普段以上の栄養素が必要になりますから、男性以上に飲み続けた方が良いかもしれません。
ただし、そこは他の成分との兼ね合いですね。

妊娠前から妊娠初期は特に葉酸が欲しいので、葉酸が入っているサプリであれば妊娠中期になるまで飲んでおいた方が良いです。
その他の止めるタイミングとしては、出産してひとまず子供に栄養を送る必要になったタイミングか、授乳を終えて本格的に子供が自分で栄養を摂るようになるまででしょうか。
成分の過剰摂取にさえ気を付けていれば、いつまでも続けていて大丈夫ですが、出来るだけ食事で栄養は摂りたいところではあります。

毎日続けることが大事

サプリメントの区分は健康食品です。1日2日飲み忘れていても、健康被害を被るという事はありませんが、せっかくマカを飲むのであれば、毎日続けることが大切です。
と言うのも、薬ではないため、効果が現れるまでに時間がかかるからですね。
長期間毎日続けて、ようやくですから、1週間や1か月程度続けたくらいで、効果がないと辞めてしまうのはもったいないです。

妊娠中の栄養補給にも

妊活サプリですから、妊活が終わった=妊娠した時が1つの止めどころではあります。
しかし、妊娠中は普段以上に栄養が必要で体力も使います。マカは栄養豊富で疲労回復にも効果を発揮してくれますので、妊娠中の栄養補給にも向いているのではないでしょうか。

マカってどれくらい摂取すればいいの?


成分の過剰摂取に注意しましょう

サプリメントには様々な種類があり、それぞれに過剰摂取にならないような上限があります。例えば鉄分の場合、年齢などにもよりますが男性だと1日50mg、女性だと1日40mg程度が上限になります。
妊活サプリでよく見かけるマカは、こういった上限は存在するのでしょうか。調べてみました。

食品である以上摂取量に決まりはない

「マカ」は成分ではなく、食品に当たります。具体的に言えば、根菜です。
そのため、何かしら決まりがあるわけではないようです。
例えば、大根を1日に○○kg以上食べてはいけない、と言う話は聞いたことがありませんよね。

ですから、どれだけマカを摂ったとしても、基本的には問題がありません。
ただし、たくさん摂ればそれだけ、無駄にはなりますから、お財布にはダメージが入るでしょう。
また、鉄分に上限があるのはそれが成分だからですが、当然マカにも多くの成分が入っています。

つまり、厳密にはマカにも、成分と同じような上限があるといっていいかもしれませんね。

1日の目安の摂取量は1500~4000mg

決まりはなくても一応目安はあるもので、マカは1日に1500~4000mgが適量だと言われています。
前述通り、この量以上摂ったとしても、この量以下しか摂れなかったとしても、直ちに何か健康被害が起きるわけではありません。
そもそも、原産国であるペルーでは、この量以上にマカを食べることもあります。

日本では、マカを食べるという事自体がほとんどあり得ない話ですが、ペルーの人と同じ量だけ食べても、たいして問題にはならないでしょうから、それと同じことです。

おすすめの妊活サプリ比較に戻る

自分の体質や体調に合わせて飲むこと

これまでは、摂りすぎても大丈夫と言う話をしてきました。
しかし、大丈夫と言われていても、身体がそれに順応してくれるかどうかはと言うのはまた別の話です。
食べなれていないものを、いきなり多量にとってしまうと、体に負担がかかって体に悪影響を及ぼすことはあります。

ですから、マカサプリがはじめてだという人は、まず推奨量よりも少ない量から飲み始めて、体を慣らしていった方が良いでしょう。
推奨量よりも少なくていいのかと思う人もいるかもしれませんが、サプリメントの推奨量は、薬とは違って絶対ではありませんから、量を減らしても問題ありません。
それから、目安は1500~4000mgだといいましたが、人によってはそれよりも少ない量の方がより良い効果を発揮してくれることもありますから頭に入れておきましょう。

またアレルギーのように、体質的にマカが合わない人もいます。

続けていくことが大切

全ての妊活サプリに言える事ですが、たくさん飲めばそれだけ効果が合わられるというものではありません。適量を毎日続けることでようやく効果を発揮しますから、無理をせずに飲める量から続けていってください。

マカと併用するとだめなものはあるの?


複数のサプリを摂取する男性

妊活中は特に健康に気を使いたい時期ですよね。妊娠できるチャンスが、月に1回しかないのに、その1回を体調不良で不意にしてはもったいないです。
そうならないためにも、マカの飲み合わせについて、調べてみませんか。

サプリメントを摂取する時の飲み合わせとは?

普段薬を飲まない人は、もしかしたら飲み合わせと聞いてもピンとこないかもしれません。
飲み合せとは、食品同士や薬と食品、薬同士など一緒に摂るとどうなるのかと言った話です。
この時の組み合わせが悪いと、身体に悪影響を及ぼします。
特に気を付けたいのは、薬同士の飲み合わせで、、重大な後遺症が残ることもあれば、場合によっては死に至ることもあります。
食品同士で、そこまで重大なことにはなりませんが、栄養素が吸収されにくくなるなどの弊害は出てきますので、知っておいて損はないでしょう。

マカサプリと薬の飲み合わせで注意したいポイント

マカは根菜の食品でサプリメントも同じく食品と言う区分になりますので、薬同士の組み合わせほど気にすることはありません。
ただし、飲み合わせの相手が薬になると、気を付けるべき組み合わせが出てきます。
例えば、マカは心臓や血圧異常などの薬との相性が悪いです。

おそらく、滋養強壮や精力増強の効果が、心臓や血圧に悪い影響を与えてしまうからでしょう。
同じようにバイアグラなどのED治療薬を飲んでいる人も、マカとの見合わせてしまうと、心臓への負担が大きくなりますから、飲まないようにしてください。
どうしてもと言う場合や、この薬は大丈夫なのかと心配な時には、医師に相談するのが最も確実です。

他のサプリメントとの飲み合わせは摂取量に気を付ける

基本的にサプリ同士で飲んだからと言って、体に悪影響を及ぼすことはないでしょう。
中には成分の吸収を悪くしてしまう組み合わせもあるとは思いますが、あまり気にしすぎる必要はありません。
ですが、他のサプリと組み合わせようと思ったら、過剰摂取には気を付けるようにしてください。

どのような成分でも、上限を超えて摂取してしまうと、体に悪影響を及ぼす可能性がありますし、マカは栄養が豊富ですから他のサプリと組み合わせることで、摂りすぎる可能性は出てくるでしょう。
特に気を付けておきたいのがミネラルです。鉄や亜鉛、銅などを別のサプリで摂っている場合には、マカは控えた方が良いかもしれません。

気になるときには医師に相談すると安心

素人がいくら調べたとしても、医師の判断に及ぶことはありません。
何か薬を飲んでいる場合には、迷わず医師に相談するようにしましょう。

関連記事

    None Found